So-net無料ブログ作成
検索選択

男は「妻」、女は「プロ」に介護されたい─ヒューマが意識調査(医療介護CBニュース)

 健康食品化粧品のマーケティング調査を行っているヒューマは3月16日、一般消費者における介護の問題や不安に関するアンケートの調査結果を発表した。それによると、自身が介護されることになった場合、男性は妻、女性はプロの介護従事者に介護されることを希望する割合が最も高かった。

 配偶者の介護を希望する男性が29.9%だったのに対し、女性は19.2%と10ポイント以上低かった。一方、介護従事者の介護を希望する男性が17.7%だったのに対し、女性は30.6%と約13ポイント高かった。

 将来、自身が介護する対象の意識については、男女とも母親(男性43.6%、女性51.6%)、父親(同28.9%、同37.7%)、配偶者(同16.1%、同23.0%)の順。自分が誰かを介護することの意識は、女性が男性を7―9ポイント程度上回った。

 また、介護に対する不安について年齢別に見ると、10―40歳代は「精神的な負担」(10歳代58.1%、20歳代67.6%、30歳代65.5%、40歳代62.3%)、「肉体的な負担」(同40.5%、同59.2%、同60.9%、同58.7%)、「老人ホームやデイサービス利用の料金」(同39.2%、同52.2%、同57.7%、同55.2%)の順に多かった。一方、50歳代と60歳代以上では、「いざという時にいい施設が見つかるかどうか」(50歳代58.0%、60歳代以上52.6%)が最も多く、40歳代以下と異なっている。


【関連記事】
顧客満足度、介護サービスが29業界中3位
通所介護事業所は増、訪問は減―08年施設・事業所調査
有料老人ホーム、27%増の3400施設―厚労省調査
介護予防事業「聞いたことがない」6割近く
排泄ケア、男性は「妻から」、女性は「プロや娘から」

看護師を殺人未遂容疑で再逮捕=京大病院インスリン投与−府警(時事通信)
<世界の富豪>「グリー」の田中社長が仲間入り(毎日新聞)
<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
<東レ科学技術賞>新庄輝也、岡田典弘の両氏を選出(毎日新聞)
イチネンHD関係会社のセレクト、岩田取締役が社長に昇格(レスポンス)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。